葬儀のマナー
ご葬儀プランのご案内ご葬儀の流れエクセレント会員のご案内NP保険のご案内

葬儀のマナー

焼香の作法

焼香(仏式)の作法※宗派によって異なります

焼香

  1. 霊前の祭壇の手前で僧侶と遺族に一礼します。
  2. 祭壇の前で両手に数珠をかけ一礼し合掌します。
  3. 抹香をつまみ、静かに香炉に落とします。
  4. 焼香が終わったら再び合掌し一礼します。
  5. 前向きのまま祭壇前から下がって、僧侶と遺族に一礼して自席に戻ります。

焼香の仕方は、各宗派によって違いがあります。
あくまでも故人の冥福を心を込めて祈る気持ちが大切であり、あなた自身の宗派のやり方で焼香すれば良いです。

天台宗
線香:3本をあげる
抹香:抹香をつまんで額の高さまでかかげ、香炉に焚く動作を 3回 繰り返し行う。

真言宗
線香:バラバラに離して3本をあげる
抹香:抹香をつまんで額の高さまでかかげ、香炉に焚く動作を 3回 繰り返し行う。

臨済宗
線香:1本をあげる
抹香:抹香をつまんで額の高さまでかかげ、香炉に焚く動作を 1回 行う。

曹洞宗
線香:1本をあげる
抹香:抹香をつまんで額の高さまでかかげ、香炉に焚く動作を 1回 したあと、2回目は抹香をつまんだらそのまま香炉に入れる。

日蓮宗
線香:1本をあげる
抹香:抹香をつまんで額の高さまでかかげ、香炉に焚く動作を 1回(または3回) 繰り返し行う。

日蓮正宗
線香:線香1本を2つに折って火をつけずに置く
抹香:抹香をつまんで額の高さまでかかげ、香炉に焚く動作を 3回 (または1回) 繰り返し行う。

浄土宗
線香:1本を2つに折ってあげる
抹香:抹香をつまんで額の高さまでかかげ、香炉に焚く動作を 3回 繰り返し行う。

浄土真宗本願寺派
線香:線香を立てずに、1本を折って火をつけて寝かせてあげる
抹香:抹香をつまんだら 額の高さまでかかげずに、そのまま香炉に焚く動作を 1回 だけ行う。

真宗大谷派
線香:線香を立てずに、1本を折って火をつけて寝かせてあげる
抹香:抹香をつまんだら 額の高さまでかかげずに、そのまま香炉に焚く動作を繰り返し 2回 行う。

真宗興正派
線香:線香を立てずに、1本を折って火をつけて寝かせてあげる
抹香:抹香をつまんだら 額の高さまでかかげずに、そのまま香炉に焚く動作を繰り返し 2回 行う。

玉串奉奠(神式)の作法

玉串奉奠

 

玉串は根元の方を右手、枝先の方を左手で受け取り、右に回し根を祭壇に向けて置きます。
このあと 『二礼二拍手一礼』 します。
拍手は音を立てない 『しのび手』 で行います。

※天理教は 『二礼四拍一拝四拍一礼』 します。

献花(キリスト教式)の作法

献花

献花は花を右にして受け取り、90度右に回し花を手前に、茎を先に持ちかえて献花台の上に置き、一礼して終ります。

最近では無宗教の葬儀やお別れ会でも献花が行われることが増えてます。

のし表書き

仏式(葬儀・お悔み)

fig_noshi_001

仏式(葬儀・お礼)

fig_noshi_002

仏式(お返し)

fig_noshi_003

法要(供養)仏式

fig_noshi_004

法要(供養)神式

fig_noshi_005

神式(葬儀・お悔み)

fig_noshi_006

神式(葬儀・お礼)

fig_noshi_007

神式(お返し)

fig_noshi_008

キリスト教(葬儀・お悔み)

fig_noshi_009

キリスト教(葬儀・お礼)

fig_noshi_010

キリスト教(お返し)

fig_noshi_011